代替的大陸

だいたいてきたいりく / alternative continent オルタナティブ・コンティネント

望月記者の著作「新聞記者」会見質問へ到る経緯と動機・寄せられたネットの声

官房長官への鋭い質問で知られる東京新聞 望月記者の新書。 望月 衣塑子 (著)「新聞記者」 (角川新書) あの官房長官会見での一連の質問に到る経緯と動機はどのようなものだったのでしょうか。そして、ネットの反応も集めてみました。 まず、望月記者本人によ…

18日発売 伊藤詩織さん手記「Black Box」に寄せられたツイートから見えてきたこと

詩織さんの手記「Black Box」が10月18日に発売されます。出版に当って性も公表されました。*1 伊藤 詩織 (著) Black Box (文春e-book) 信頼していた人物からの、思いもよらない行為。しかし、その事実の証明には――ホテルという密室、差し止められた逮捕状、…

「ゲンロン0」の内容をネットから推理する。

「ゲンロン0」の内容をネットから推理する。 6/17の日経新聞に「ゲンロン0」(東浩紀著)という著作の書評があった。 書評を一読しても内容が良く理解できなかった。哲学書とか思想書の類なのだろう。 先般、世間を騒がせた「森友問題」にしても「加計問題」…

25年後のカンチの現実に日本中の中年が泣いた! / 「東京ラブストーリー ~After 25 years~」感想

今週号のスピリッツに「東京ラブストーリー」の続編が読み切りで掲載されています。「東京ラブストーリー」と言えば「カンチ! セックスしよ!」で一世を風靡した伝説の漫画です。 「東京ラブストーリー」続編がスピリッツに、50歳になったカンチとリカが再…

ananの週末 京都の表紙で水川あさみと竹下玲奈を間違えた問題

ananの最新号は「秋の週末 京都」特集。 ゲーテの京都特集を買おうと思ったんだけれども、ちょっとアブラギッシュな感じがしたんで、ananにした。 読みたいのは和菓子のページ。ananの取材班がどこまで、京都の和菓子に迫っているのか確認しておきたかった。…

ブルータスの「スナック特集」は誰が買うのか? その謎が解けた。

ブルータス最新号の特集が「スナック」。欲しい。 読みたい。 BRUTUS(ブルータス) 2015年 11/15号 [雑誌] 作者: マガジンハウス 出版社/メーカー: マガジンハウス 発売日: 2015/11/02 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る しかし、目についた雑誌を片…

『弱いつながり』? バイラル系? ネイティブ広告? 旅。

Facebook。はじめて6カ月程になる。最初の頃は良い記事、悪い記事にかかわらず、すべて「いいね」で処理するクールさに痺れたものだ。 使いはじめて1カ月も経つとデジャブ感を覚えはじめる。ニュースフィードの内容がループしているのである。殆どは仕事に関…