代替的大陸

ZOZOスーツの使い方とZOZOSUIT・ZOZOTOWN最新情報のブログ

ZOZOソックスのライバル? ロコンドの「ロコメジャー」が華麗なるローテクで登場

スポンサーリンク

ツイッターで、ZOZOソックスの特許出願関連ニュースのツイートが幾つか流れていました。

ZOZOソックスというのは、ZOZOスーツの靴版ですね。このニュース自体は7月中旬にもありましたが、ここにきて靴のネット販売ロコンドから類似サービスの「ロコメジャー」登場です。

ZOZOソックス(特許出願中)とロコメジャーについてのネットの反応を並列的に見てみましょう。

目次

(ツイッターの画像表示バージョンはこちらのページ

  

ZOZOソックス(特許出願中)へのネットの声

ZOZOソックスへの反応

 

 

 

 

 

 

 

 

ZOZOスーツよりもZOZOソックスの方が可能性があるという意見です。

 

 ZOZOファミリー続々と…

 

 

 

ZOZOファミリーの連打で材料には事欠きません。

 

いらんよねという声も…

 

 

 ロコンドを使えば返品は無料ですからね。

ただ、足の悩みというのは、サイズのあうあわないをこえた足の形状の特殊性だったりします。

 

 

 

ロコメジャーへの反応も見てみましょう。

新サービス「ロコメジャー」へのネットの声 

ロコメジャーはZOZOスーツのようなハイテクではなく、実際に測るというローテクが特徴です。

ロコメジャーはローテクで攻めてきた?

 

 

ガッツリ書いてますね。なんとロコメジャーもドット柄です。

ロコメジャーは実際に測るというのがポイントです。実際に測るので間違えません。ユーザーに自分で測らせるという、ある意味、強力なコンセプトです。

 

 ロコメジャーがローテクな理由

 

 

 ロコメジャーの誕生経緯が書かれています。

靴の精度は1~2ミリであり、その精度に納めるためには実際に測るしかないというわけですね。なるほど。

 

どこかで見たようなデザイン? ただのメジャー?

 

 

〇〇スーツのデザインにちょっと似てますよね。実際にはメジャーです。

 

 

ネットニュースでも普通のメジャーと書かれています。

 

 

アプリはまだ改善中のようです。ロコメジャーにもバージョン1と書かれていますので、バージョン2もあるのでしょう。

これもユーザーが実際に使ってみての評価が重要になるかと思われます。

 

ZOZOソックスとロコメジャーの違い

ZOZOソックスとの違いは、ZOZOソックスはZOZOソックスを使って、ぴったりの靴をつくるサービスであるのに対し、ロコメジャーは足のサイズの測定結果をもとに、既製品の靴のなかから最適な靴を選ぶというサービスになるようです。

開発&SNS拡散スピードがポイント

モノ自体は違うわけですが、同類サービスであるため、アドバンテージを取ることが重要となり、開発スピードが鍵になります。そういう意味では、ローテクから出発したロコメジャーに優位はありますが、ユーザーがこうしたメジャーに関心を示すかがポイントですね。

ただのメジャーやんかと思われないために、それ自体が広告としてデザインされたZOZOスーツと同じように、SNSでの拡散のためのアイデアが重要になるでしょう。

ロコメジャーの申し込みは?

説明を読むと、ロコメジャー単体で配布しているわけではなく、商品を注文すると一緒に送ってくれるみたいですね。

商品について -靴&ファッション通販 ロコンド〜自宅で試着、気軽に返品

 

 

 

関連記事

www.alt-continent.com

 

www.alt-continent.com

 

www.alt-continent.com

 

トップページ

 

スポンサーリンク