代替的大陸

ZOZOスーツの使い方とZOZOSUIT・ZOZOTOWN最新情報のブログ

ユニクロ vs ZOZO対決をめぐる注目点と誤解 / ZOZOスーツはファッションテックの起爆剤となり得るか

スポンサーリンク

ユニクロ vs ZOZO対決の構図は、日経新聞が連載を続けているためになかなか終わらないわけですが、注目点とネットで見られる誤解について見てみたいと思います。

目次

(ツイッターの画像表示バージョンはこちらのページ

  

ユニクロ vs ZOZO対決の見どころ 

ZOZOには生産背景がない、ユニクロはどうなのか

ユニクロ社長は「スタートトゥデイには⽣産背景がない」と指摘しました。

たしかに、スーツを頼んでも数か月待ちですし、注文してもなかなか来ない製品もあります。

裏返しで言うと「ユニクロには生産背景がある」ということになります。

実際に工場を見たわけではありませんので、ユーザー目線で、ユニクロとZOZOの生産背景を考えてみたいと思います。

ユニクロジーンズの生産背景

 ユニクロのジーンズは、昨年ぐらいからLAのジーンズイノベーションセンターで開発しています。デニムの本場での研究開発拠点がユニクロジーンズに説得力を与えています。生地は岡山のカイハラです。デニムジャケットにはリーバイスを支えたコーンミルズ社のストレッチデニムも採用しています。

LAジーンズイノベーションセンターにカイハラにコーンミルズですから生産背景はユーザーに伝わっています。

一方、ZOZOのデニムはどうでしょうか。 

ZOZOジーンズのNFCタグ 

生産背景的には、送られてきたジーンズに中国製と書かれているだけで、背景はまったく読み取れません。つくられた工程が見えにくくなっているようなところはあります。

しかし、実際にモノが出来ていますので、生産背景はあります。ユニクロ社長の言ったのは、ユーザーに語れるほどの生産背景はないんじゃないの? ということかもしれませんね。それは品質にダイレクトにあらわれます。  

現実を視よ

現実を視よ

  • 作者: 柳井正
  • 出版社: PHP研究所
  • 発売日: 2012/09/21
 

  

また、ZOZOジーンズには、一本一本に情報を記録読み取りできるNFCタグがついています。  

 

生産背景はまだ十分でなくても、生産管理はしっかりしています。おそらくこのNFCタグで、大量の種類のオーダーを間違えないよう管理しているのでしょう。

 

ホールガーメントが次のキラーコンテンツ 

今回のユニクロの柳井社長の「おもちゃ」発言には、ZOZO(スタートトゥデイ)がホールガーメント製品の企画を発表したことにあると日経新聞には書かれていました。

ホールガーメントを重要戦略としているユニクロからすると、看過できない事態だったようです。

ホールガーメントとは?

カジュアル好きではおなじみの技術なんですが、ユニクロで発売されているホールガーメント製品を見てみましょう。

 

 

普通の製品ですと、表生地と裏生地をぺたっと縫い合わせますが、ホールガーメントですと縫い目なく立体的に生地を織ることができます。

誰でもわかるレベルで着た感じが違うぞとなるわけです。

 

身近なところでは、チャンピオンのT1011(ティーテンイレブン)というTシャツがホールガーメントです。表裏の縫い目がないので胴部分が丸いんですね。

ユニクロユーがホールガーメントのTシャツを出すのはやめて欲しい感じもしますが、いずれ出すでしょう。

 

問題は価格です。T1011の定価は5000円以上しますし、安く買えても3000円台です。

 Tシャツですが立派なアウターレベルで仕上がっています。ポケ付きもあります。

 

シップスでも、ホールガーメントのニットTシャツを出しています。 

  

このホールガーメントで新しい技術を次々と開発しているのが、島精機です。

 

 

日経新聞でも島精機とホールガーメントをたびたび記事にしています。

ユニクロは島精機との提携のプレスリリースを、ZOZOがホールガーメントを発表した後に出しています。

ファーストリテと島精機製作所、戦略的パートナーシップを強化 | ロイター

 

ユニクロもZOZOもホールガーメントを今後のキラーコンテンツ的なテクノロジーと見てるんでしょうね。

 

 

 

 

ユニクロ vs ZOZO対決の誤解

 この対決についての幾つかの誤解になります。

ZOZOスーツは破壊的イノベーションとなり得るか

破壊的イノベーションは、最初は「おもちゃ」扱いだったことから、ZOZOスーツも本物だという認識がひろがりましたが、実際には、ジーンズに特化したスマートレギンスというう先行サービスがあって、今のところは爆発的にひろがっているわけではない感じです。

 

 

スマートレギンスなどもファッションテックの起爆剤になり得るかの先行指標としては参考になるかと思います。今後の経過でしょうね。

 

柳井社長はファッションテックに興味がないのか

柳井社長がテクノロジーに興味がないというツイートを幾つか見ましたが、実際には着々と準備をすすめています。ネット販売を増やすために、いずれ店舗を採寸&ショールーム化するでしょう。

アベマTVでは、実際にそうした発言も紹介されていました。 

アベマプライム

 出典:アベマプライム

すでに採寸技術は研究中です。

スタッフに採寸させるのは技術が必要ですので、試着室に3Dスキャンを置くような方向になるかと思います。

 

ユニクロ vs ZOZO対決の行方

 個人的には、ユニクロ vs ZOZOの対決は、シビリゼーション vs カルチャーぐらいに違和感があります。競合しない方が生産背景もシェアできていいものができると思うんですが、そうもいかない感じです。

ホールガーメントの例のようにイノベーションの部分で抜き差しならない関係になっていくのでしょう。

ユニクロ vs ZOZO対決の行方というのは、実は簡単な話で、どちらをユーザーが多く支持するかだけになります。文明と文化のような関係になればいいんですけどね。 

ユニクロや他のメーカーもいずれぴったりをやってくるようになるでしょうから、生産背景を確保して、ZOZOらしさを感じられるプライベートブランド製品をつくることができるかが、見たいですね。

 

スポンサーリンク

 

 

関連記事

www.alt-continent.com

 

www.alt-continent.com

 

www.alt-continent.com

 

ZOZOのストレートデニムパンツを限界までサイズ調整した件 / スリムテーパードとも比較(感想・レビュー)

 

トップページ

 

スポンサーリンク